快適で軽い練習用スカート

Falda volante godet (Raphael)

練習用のスカートは、快適で、裾の広がりがあり、ぴったり合うものであることが大切。そのデザインの可能性は無限大。エスフラメンコ・コムではお客様のお気に召すデザインが実現できるよう様々なヴァリエーションのご要望に対応しております。

 

快適性は布地の質に関係し、薄地が相応しい。またさばきやすいようにスカート裾の広がりも重要である。練習用スカートは舞台用スカートと比べ丈が短く、足さばきをチェックしやすくなっている。これによって、鏡の前で足の動きを自身で確認できると同時に、先生に足の動きを見てもらうこともできる。

裾の広がりは布地の長さやキージャの量による。スカートを成す布のパーツを合わせる垂直の縫い目をキージャと呼ぶ。キージャが多いほど広がりも多くなる。

快適な着心地、そしてほっそりとしたシルエットのため、裾がよく広がることが重要である。広がりは布やゴデッツ、フリルが付くことで得られる。ゴデッツは布のひだで、広がりや重みを与えるためスカートの裾部分に加えられる。

フリル付き、フリル無しのスカートを選ぶことは好み次第である。フリル付きスカートにするにしても、一段か二段のフリルで十分である。

エスフラメンコ・コムでは練習用スカートがよりオーダーメイドに近づくよう様々なオプションのレンジを用意している。フリル付き、フリル無し。無地または水玉模様、あるいは2つ同時に組合せたり、裾の広がりを大きくしたり、控えめにしたり。カパ製(ラウンドカットされた布)やキージャ(布のパーツを合わせた垂直の縫い目)入り、1色または数色を組み合わせたり、勿論それぞれのサイズや丈にも対応。可能なコンビネーションはたくさん、自分だけのファルダをデザインしよう。

当サイトでは2タイプのスカートを紹介してる。1950年創設の威信ある製造メーカー、メンケスでは現在に至るまで職人技術によるフラメンコ用スカート製造を行っている。様々なサイズ、カラーを取り揃えた数ある型の中でも人気があるのは以下のもの。

-エンサヨモデル フリル2段
-ゴデモデル フリル無し
-エンサヨモデル フリル1段

もしメーカー名に拘らず高品質かつデザイン、色、プリント、サイズにおけるバリエーションを求めるならばエスフラメンコ・コム特別仕様のフラメンコスカートがオススメ。

-ファルダ  カネスー(ヨーク)、フリル2段
-ファルダ フリル1段
-ファルダ  キージャ8、ゴデ8

価格は布質、使用した生地の長さ、スカートのデザイン内容による。初めてであまりお金を使いたくなければ、ニットスカートを選ぶのが良いが、十分なキージャがあるものにしたい。あまりシンプルに見えたくないならば、布の量は惜しまないことだ。

関連記事
フラメンコを始めよう
カンテ・ホンド、ドゥエンデ、アンヘル、ホンドゥーラ、ケヒーオ、ガルボ・・・って何?フラメンコを始めるにあたり知っておくべき情報がここに。

踊りを習い始める
レオタード、スカート、ペリコン、フラメンコ教室探しは想像以上に簡単。テクニックを学び、踊りにドゥエンデ(魅惑)を盛り込もう。

マドリッドでフラメンコを楽しむ
マドリッドはフラメンコの本場で、教室、タブラオ、タベルナ、バル、フェスティバルの数も多い。マドリッドのフラメンコ情報。

スカートショップを訪問ください