Cádiz is a factory of art and creativity’

Interview with David Palomar

Cádiz in the blood. David Palomar has dedicated his second album to La Viña, the popular Cadiz gipsy quarter that has become for the occasion a Independent Canton where the characters of carnival mix with sailors and old tavern cantaores. Heir to the tradition of Chano Lobato and El Beni, Palomar guides us through hundred of the hurdles flamenco throws up, not necessarily tragic, that can be found in Cadiz. His road map: a fresh and free vision of flamenco cante.
続きを読む

“Let everybody live flamenco the way they want!”

Interview with Las Migas

Las Migas, a Catalan, a Sevillian, a Frenchwoman and a German; Silvia Pérez Cruz, Marta Robles, Isabelle Laudenbach and Lisa Bause. A vocalist, two guitar players and a violinist. Four young women with different origins but with one nexus in common; a love for flamenco music. After nearly seven years performing live this band that refreshes flamenco with other sounds such as fado, tango, jazz and bolero, has just released “Reinas del Matute”, their debut album. Thirteen songs with a little bit of everything: new versions of “Tangos de La Repompa”, “Los cuatro muleros” and “La Tarara”, musical adaptations of verses by Lorca and Alberti, a beautiful recreation of “María La Portuguesa” by Carlos Cano and a couple of their own compositions. Flamenco, and something more tan flamenco, renewed and with a female essence. 続きを読む

“My music comes from my respect for tradition but with a modern sound “

Interview with Cañizares

Cañizares has a calm and thoughtful presence. His words and his music, a reflection of his soul. In his last work, “Cuerdas del alma”, is the relaxation and peace of the essence of an eminently flamenco guitar. The Catalan musician, bolstered after his titanic and successful struggle to take the sonata to “Iberia” by Albéniz, returns to flamenco roots music. A calm call for simplicity in times of constant change. 続きを読む

“”La leyenda del tiempo” didn’t revolutionise flamenco”

Interview with Kiko Veneno

So as to not miss out on precious time my conversation with Kiko Veneno started on the phone, from the taxi on his way to our interview. But suddenly, without warning and without hanging up the writer of “Volando voy” burst into the room with the hotel bed sheets still clinging to him and his ear to the phone. The situation is absurd, José María López Sanfeliu (the artist’s real name) and his interviewer speaking on the phone but face to face. Much laughter ensued, what started as a relaxed chat over the phone on the release of a new album, “Dice la gente”, becomes as if by magic a serious conversation about flamenco, purity, the “sonido venenoso” and his new idol, Israel Galván. 続きを読む

“I think part of the impoverishment suffered by flamenco nowadays is thanks to the marginalization of light sounds”

Interview with Valderrama, "Maestros"

After opening at the Suma Flamenca in Madrid in June, Valderrama presented his show “Maestros” at the 16th Flamenco Biennial in Seville. At this event, the son of the legendary Juanito Valderrama dons, for the first time in his career, his flamenco cantaor suit to pay tribute to a generation of cantaores (Chacón, Vallejo, Caracol, Niña de los Peines, Marchena) that marked an era in flamenco. An elegant and carefully produced show, full of sweetness and sensibility, with cantes such as la farruca, la guajira, el garrotín, la vidalita and la colombiana. 続きを読む

Raimundo Amador: “I have to play with other people or I get bored”

Interview with Raimundo Amador and Howe Gelb

A second-hand vinyl record shop in a central Madrid square. A unique guitar player, Raimundo Amador, searching amongst the hundreds of records ordered from “a” to “z” by music style. Raimundo confesses he suffers “vinylitis”. Among his purchases are old albums by Janis Joplin, Stray Cats, John Lee Hooker and Johnny “Guitar” Watson. But without a doubt the find that most excites him is the first album by Pata Negra and one by the Montoya family. He worked on both albums. And he has good memories of both. The situation is surreal, Raimundo Amador paying more than €20 for one of his first recordings. Proof of passion for music of this unique guitar player, something that he once again shows this in his latest work, a collaboration album with the US musician Howe Gelb. “Alegrías” fuses flamenco with Arizona frontier sounds. A meeting of two musicians with infinite horizons that met with us in a hotel lobby to talk about their joint experience, marked with quirks of fate and promoted by Fernando Vacas. Curiously, the producer and musician from Cordoba was also there. 続きを読む

“We are united by our passion and freedom and the depth of our music “

Interview with Noa and Dorantes

A privileged voice and fingers full of magic. Two roots musicians, two renovators of tradition. The flamenco pianist Dorantes and the Israeli singer Noa embarked on an interesting tour which on 3 July arrived in Madrid ( Spain ) as part of the programme of the Veranos de la Villa 2010 summer festival. A mixture, a fusion, a dialogue between Mediterranean sounds which once again goes to show that music knows no frontiers. Noa, with her wide smile and easy words, shows her passion for flamenco. While Dorantes, silent, shy, listens attentively to the words of his partner and reaffirms his condition of a free and open musician. 続きを読む

“The father of guitar is Paco de Lucía and the rest of us just do what we can “

Interview with Tomatito

Tomatito, despite being a veteran is still one of the most open and innovative performers on the modern flamenco scene. Let’s not forget that he had Camarón and Paco de Lucía as teachers. His latest feat is to get a whole symphony orchestra, the Spanish National Symphony Orchestra, to play his music. The result is, “Sonanta Suite”, that has already gone down in history as the first true symphonic flamenco guitar piece, and the first flamenco album to be released by the historic Deustche Grammophon label. Tomatito, modest, timid and speaking with simple, gipsy wisdom speaks about his latest work, his forthcoming projects and career … and insists time and again in encouraging young guitar players to study music. 続きを読む

“エル デイシプロ” オリジナルフラメンコサウンドトラック

パコ・デル・ポソのカンテとダニエル・カサ-レスのト-ケがキリストの生涯を再現する初のスペインシネマの主人公となる。

“エル デイシプロ”はスペインシネマが初にイエス・キリストの生涯を再現できる初のチャンスだ。エミリオ・ルイス・ボラチ-ナにより英語で撮影されたこの映画はスペイン、ドイツとアメリカ(合衆国)、三国の共同作品。フラメンコサウンドトラックで繰り広げられる、普通とは異なる、より人間的なキリストのビジョンだ。歌詞は詩人であるフェリックス・グランデにより書かれ、疎外や侮辱を受けたフラメンコ民族の根源とキリストが彼らへ同情する主人公の奥深い心持を反映する。パコ・デル・ポソの裂けるように熱情のこもる声に音を伴わせる音楽担当はギタリストのダニエル・カサ-レス。ユニバ-サルミュ-ジクにより出版された“エル デイシプロ”、サオウンドトラックCD公開の際に話す機会を持つことの出来たこのマドリッドのカンタオ-ルは、中心テ-マであるシュ-ベルトのアベマリアを思い切ってラテン語で歌うことにも挑戦した。 続きを読む

“フラメンコは超感覚的規模を持つ荘厳な芸術”

ロラ・グレコ イ ンタビュ-

プレミオ ナシオナル デ ダンサを受賞したばかり。継子イポリトに救いようの無い恋をするギリシャ神話のフェドラの役が、この重要な賞の獲得を導いた。ミゲル・ナロスの脚本でフラメンコ化された古典悲劇が再び戻る。ロラ・グレコは今回、自身のホンドの面をフルに引き出す。この神話のニュ-バ-ジョンをとても魅力的にするのは、エンリケ・モレンテの音楽とハビエル・ラ・トレのコレオグラフィ-だろう。 続きを読む

“パコ・デ・ルシアは僕にとって父親のような存在です。”

二-ニョ・ホセレ インタビュ-

二-ニョ・ホセレは、今、クリエ-テイブな泡立ちの真っ只中にいる。まず、”La venta del alma”(ラ ベンタ デル アルマ)の題名で、引き出しにしまってあった曲をリリースし、その次すぐに、最近一番優れているフラメンコギタ-と言われる”Española”を出した。それでもまだ不充分のごとく、2010年はパコ・デ・ルシアの舞台に付き添う。これ以上できる人間ってあまり見渡らないのでは?!聴覚もスピリットもますますオ-プンする、このアルメリア出身の若いギタリストは、ホンドがジャズとラテン音楽に手をさし伸ばす彼のパ-ソナルタッチと供に未来を見つめる。飾り気無く、当たり前をはぶき、既に確立しているものと遊びながら新しい道を築く。 続きを読む

“私は他の人がやっていることと同じ事をするのが嫌いです。”

エンリケ・モレンテ インタビュー

エンリケ・モレンテはカンテホンドの生きる伝説だ。67才で、ホンドという芸術を想像にも及ばないところまで導くことに達成した。数多き試練を耐え抜き、ロルカとレオナ-ド・コーエンをホンドロックの呻きで、溶かし合わせた。正統派な、クラシック芸術の再考案を成し遂げた。カマロンの許可を得て他の人間が、昔の記憶の葛篭にいつまでもしまっておこうとする芸術を大きく改革し、革新者として立ち上がった。40年以上のステ-ジ経験を背に持つ今、この家父長モレンテが、初の正式ライブ録音収集アルバムを出版する。

1992年より2009年までの彼の最も優れたカンテを収集する、ファンにとっては不可欠なアルバムだ。もっとも伝統を臭わせるモレンテも聞ける当アルバムは、やはり完全にアルバイシンのマエストロのすることであることを立証する。実に驚かされるアルバムだ。 続きを読む

“フラメンコはルンバのチ-コな(ちっちゃな)パロ”

ペレット インタビュ-

彼の新アルバムで、ペレットは “デ ロス コバルデス ヌンカ セ ア エスクリト ナダ” (臆病者に付いては何も書かれたことがない)と保証する。だが、彼自身は書いた、実によく書いたものだ。時には良いもの、ときにはあまり良くないものを。カタル-ニャのベテランルンバア-テイストが、再び冒険的で勇気のいる音楽活動を始めた。‘ラスカユ’、及び”エル ムエルト ビボ”(生きている死人)など、彼のキャリアでも代表的なアルバムのタンゴやその他の曲を彼のルンバ、クプレスタイルにアダプトして展開する。もみ上げや、ひだ飾りのつくワイシャツは過去に置き、はげで、白いひげをはやし、年は隠せないが、長い経歴とともににじみ出る知恵と威厳で、”まだペレットは死なず、ただビ-ルを飲んでいただけだった”ということを叫び、保証する。 続きを読む

“子供用歌詞つき大人用のアルバムというアイデアでした。”

フラメンコ キッズ インタビュ-

“フラメンコ キッズ”は子供教育専門家テレサ・デル・ポソのイマジネ-ションとギタリストのホセ・ルイス・モントンのクリエ-チブな音楽が生んだプロジェクトだ。現にカップルを組む彼らが意気投合し、カデイス湾に生きる主人公たちの話を、ブレリア、アレグリア、ルンバ、タンゴ、タンギ-ジョで語る子供用フラメンコアルバムを誕生させた。色盲の”カメレオン”、バイラリンの”海栗”、冴えない”えび”、モロッコ生まれの”かに”、歯抜けの”ウルタ魚”などが、少しづつ、ゆっくりと,まるで、手作りされたように完成された作品の主人公達である。実にパ-ソナルで、愛情とタレントが込められたアルバムであるが、CDカバ-にはテレサとホセ・ルイスの息子も写っている。フラメンコの一番愉快でプレイフルなサイドを表に出す、興味深く斬新な当作品は、家族の一番幼いメンバ-、または子供の魂を持つ大人へホンドア-トを紹介するのに最適だ。 続きを読む

“本当に良いフラメンコはバルデラマのように美しい声の調べとラ・パケラのような心底から湧き出る感情を結びつけたようなものです。”

マイテ・マルテイン インタビュ-

彼女の音楽的インスピレ-ションのオリジンはフラメンコであるが、それは彼女を束縛させるものではないと確言する。まだ幼い時代に、父親が聞いていたホアン・バルデラマのデイスコがきっかけでフラメンコ、更に大きな意味で、音楽の世界を発見した。

まだ10才になる前から出身地バルセロナの様々なペニャや施設で歌い始めた。名声が確立できたのは、フェステイバル デ カンテ デ ラ ミナスで、ランパラ ミネラを、21才の驚くべき若さで獲得した時だが、マイテ・マルテインは普通波のフラメンコ歌手ではない。しかも彼女自身もそれを自覚している。

カタラン人(カタル-ニャ出身)の血を持つ女性で、ヒタ-ナではない。自分を「変わり者」と表現する。ボレロもホンドと同じく好む。パロやジャンルに自らを限界せず、自由で、エレガント、地味で感受性強く、誠実に芸術を探求する。ステ-ジに立つ度、魂を裸にし、彼女の出す新アルバムの一つ一つに何か驚かせるものがあり、自身もそれに驚く。最新作品、”Al cantar a Manuel”(アル カンタ-ル ア マヌエル)では、マラガ出身の詩人マヌエル・アルカンタラの詩句を音楽化するためフラメンコ詩人の衣装に身を包む。 続きを読む

ヘレスカンテの新しい境界 2008 

エセキエル・ベニテス、ヘスス・メンデスとホセ・カルピオ、"ミヒ-タ"が最も伝統的ヘレスのカンテを一段と高く見直す作品について語る。

ルビチ、マヌエル・モネオ、エル・トルタ、ナノ デ ヘレス、モライ-ト・チ-コ、またはパリ-ジャ デ ヘレスなどが歌う歴史的LPアルバム、”ヌエバ フロンテラ デル カンテ デ ヘレス”が、1973年に出版されたが、その35年後、2007年12月にラ・プラスエラやサンテイア-ゴのような偉大な家系を後継ぐ、若いカンタオ-ルやギタリストのグル-プが、ラ・ボデガ・デ・ヘレスのスタジオに集まり、これといったプランなしに、古くから受け継ぐスタイルを歌ったり弾いたりして楽しんだ。ただ全部そのままデイレクトに録音されたが….!”ヌエバ フロンテラ デル カンテ デ ヘレス 

2008”はその録音から誕生したものだ。 続きを読む

“私はバイレをカンテと歌詞にこもる感情や気持ちの「動く表現」と理解する。”

ハビエル・バロン インタビュ-

前回のプレミオ ナシオナル デ ダンサ 演技部門で最優秀賞を受賞したハビエル・バロンは、真面目で、バイレ一筋に専念するア-テイストだ。7才の頃から既にバイレ世界入りしたにもかかわらず、彼の名は、彼と同世代の仲間たちの名が既にマスコミでよく聞かれるようには、まだ知られていない。バロンは生涯、フラメンコとステ-ジ上のフラメンコ本質を守り続けてきた。アバンガードな創作を断念せず、尚且つオ-ソドックスに踊ってきた。高い評価を得た彼の最新のショ-、”ドス ボセス パラ ウン バイレ”で、彼は自身の受け継ぐ文化の源を遡り、最も裸に近いバイレフラメンコの本質を探る。彼には、マスコミのつやのある雑誌の表紙などは必要なしと言えよう。 続きを読む

“フラメンコは自分のDNAの中に存在する、ロックには、頂点まで刺激させられるよ!”

トマシ-ト インタヴュ-

トマシ-トっていうのは、ヘレスの拍子をロックにしたもの。トマス・モレノ・ロメロは歌うは、踊るは、作曲もするは……彼自身がもう、自発的で純粋な芸術そのもの、ちょっとこんな人間本当に存在するのかと思わせるほど。

ローラ・フロ―レスの男性クロ―ンとも言えるだろうが、彼に取って代われる人物はいない。自由そのものスピリットを持ち、コスモポリタン。フラメンコロックグル―プを朝飯前にリードすることもできれば、ウイントン・マーサリス、チック・コレア、チャノ・ドミンゲス、ホルへ・パルド等のベテランアーテイストたちまでをも刺激してしまう彼が、前回のアルバム”コシ―タス デ ラ レアリダス”以来、7年ぶりにアルバムを出した。制作はテイノ・デイ・へラルド。”la vida está mu mala” / ラ ビダ エスタ ム- マラ (今生活厳しい)だからこそ出したのである! “Y de lo mío, ¿qué?”/ イ デ ロ ミオ ケ? (そいで僕のは?)の曲は、ブル―ス、ロックンロール、ヒップホップ、スカ―、ヘビ-とレゲが全部ホンドア-トと手を握る。実に新鮮で、愉快。 続きを読む

“フラメンコは音を感じる一つのやりかた”

ビセンテ・アミーゴインタビュー

“急いでる?”とインタビュアーが聞いたら“実を言うとぜんぜん急いでいないよ”との答え。そしてギターを取りだしいきなり“パセオ・デ・グラシア”を弾き出した。インタビュアーはあんぐり口をあけたままこのいきなりのプレゼントを堪能。ビセンテ・アミーゴは言葉よりもこの六本の弦を通して思いを伝える。しかしプロモーション活動でインタビューにできる限り答えたりしなければならないこともある。それをギターの音にこめて伝えるのだ。ギターを爪弾く指からは繊細さと深い思いが伝わってくる。そのとき内気さは熟考へと姿を変える。背中の痛みで苦しんだ後、ビセンテ・アミーゴはニューアルバムをリリースした。それはメロディ-にあふれ、また実力派アーティストの参加で注目される。 続きを読む

“フラメンコは本物すぎるほど本物の音楽”

マルティリオ インタビュー

きれいにしているけれどいつもとは違う。サングラスもかけていないし、ペイネタもつけていない。明るい色の瞳に赤いルージュ。マリベル・キニョーネスは取材陣を迎えてくれた。彼女はあのマルティリオ。彼女はデビュー25周年を迎える。それを記念してバルセロナでのライブCDをリリースしている。フラメンコ、コプラ、ボレロ、そしてフュージョンとマルティリオらしいアルバムとなっている。 続きを読む